自律機能 自律神経 3

    健康づくりクラブ 快適な こころ からだ 生涯の健康

    健康づくり からだ・運動・美容・生活ケア 鍼灸マッサージ指圧整骨院 恵比寿
        アトピー、不妊症、婦人科疾患、交通事故、美容、改善運動、栄養、日常生活ケア 
        介護予防、機能回復訓練、改善運動、在宅ケア(往診)、靴のコーディネート
        整体、鍼灸、指圧マッサージ専門 03-5708-5702  
        生涯の健康セラピスト 小川克智
        2つ目のホームページ http://kenkou-japan.net

 

 自律機能 自律神経 3

 

 皆さん

 

 婦人科系疾患

 アトピー

 不妊症

 病気(癌)

 痛み(腰痛、肩こり、ヘルニア、ぎっくり腰)

 スポーツ傷害

 などいろいろな病気怪我(ケガ)があります。

 何気ない 普段の疲れ(疲労)胃のもたれ(内臓)などの症状も

 自律機能(自律神経)が大きく関与しています。

 

 では どうしてなのか?

 

 自律機能はどういったものなのだろうか?

 

 自律機能とは

 循環、消化、代謝、呼吸、排泄、生殖、体温調節、分泌などの生体にとって最も必要な機能のことをいいます。

 ホメオスタシス(生体の恒常性)の維持に重要な役割をしている。

 

 植物神経系または不随意神経系とも呼ばれています。

 これは

 自律神経系の支配しているものは

 心筋、平滑筋、腺を支配しており、自律機能協調的に調整しています。

 そして、自律神経系意識的随意的な制御を受けていません。

 自分の意識では動かすことが出来ないということです。

 よって、植物的な神経系、不随意的な神経系といわれるのです。

 

 

 病気怪我(ケガ)をする前に

 日々のからだの状態のことを考えてみる必要があると考えます。

 

 婦人科系疾患

 アトピー

 不妊症

 病気(癌)

 痛み(腰痛、肩こり、ヘルニア、ぎっくり腰)

 スポーツ傷害(ケガ)

 

 などははっきりいって

 

 「後から体に現れてきた、出てきた症状や病気」

 

 婦人科系疾患を例にあげると

 正直に

 

   罹ってしまう人もいれば

   一生罹らない人もいます。

 

 根本

 根本を追求していくと

 今ある 『身体の調子』 を直接みていくことが重要です。

 

 これは

 例えば

 筋腫が出来ました。

 生理がなくなりました。

 急に発汗しました

 などの症状は

 

 病気としてとらえると「いけない物」 「悪いもの」に考えますが・・・・・・

 

 身体は自然に 自律的に 

 

 『腫瘍をつくることで体を保っている』 

 『体を整えている』

 

 これは

 決して 悪いことではないと考えることが出来るのです

 ホメオスタシス(生体の恒常性)を保つ ことをしているのです。

 

 自律機能 自律神経についてご理解していただけましたでしょうか?

 

 もし 

 今 お悩みの症状があって

   改善がはからていないと感じている

   進行してきている

 

 などの方は 

 すぐに行動してください。

 しかるべき対処のできるところへ今の症状をお伝えすべきです。