自律機能 自律神経 6

~どうもです。 小川です!  


  鍼師 灸師 あん摩マッサージ指圧師 柔道整復師 整体師
  の立場から

 

 

 


●●自律機能 自律神経 6


 

自律神経について もう6になりました。

 


皆さんの中には

 「大変にわかりやすい」

とか

 「難しい」という方がいます。

 


それでいいと思います。

 


ここで当店は皆さんに提案します。

 


身体の不調をどこで見たほうが良いのか?

どの範囲で見たほうがよいのか?

 


今ではなくてはなくて良いのです。

本当に改善したい時に「必要」となれば。

 


ただし、その時には慌ててしまっていたり、痛みがありすぎたりして

 


いつもと同じ行動をしてしまうとおもいます。

 


 ですから、今 ぜひ読んでくださいね!

 


《自律神経系の分類について》

1.交感神経系

2.副交感神経系

  副交感神経系の中には

   ①頭部副交感神経

     A. 動眼神経(第Ⅲ脳神経)

     B. 顔面神経(第Ⅶ脳神経)

     C. 舌喉神経(第Ⅸ脳神経)

     D. 迷走神経(第Ⅹ脳神経)

   ②仙髄部副交感神経(骨盤神経)

 3.内臓求心性神経

あります。

 


この分類の中を見ると

例えば、顔面神経の場合は顔の神経に不具合が生じると、顔の筋肉が動かなくなって重力の方に落ちてしまう。

顔面神経は。よく鍼(はり)で改善しますが、大本は自律神経の中のものだとわかります。

 


では

 顔だけの筋肉を鍼(はり)だけ施術していればいいのでしょうか?

 


中には

 内臓求心性神経とあります。

??????

 これはいったい??

 何!

 


 これは、例えば、

 冷たいビールを一気に飲み干しました。

 「旨い!!!」

 「最高だ!!!!」

 


 冷たいアイスクリームをカップごと食べました。

 「美味しい!」

 「最高!」

 

 この時は 至福と時ですね!!

 でも、反対に内臓は困っています。

 


 冷たいし、水分だし、砂糖だし、炭酸だし・・・・・

 


 これって良くないの??

 


 そうですね。

 


 内臓は、

 アイスクリームが来た♪

   「ラッキー!」

  ビールが来た♪

   「ラッキー!」

 とは思っていません。(残念)

 


 胃は ただの「物体」としかみていないのです。(涙)

 

 消化するのは・・・・

 重労働ですね。

  

 よって

 内臓から  あるサインがでてきて身体に知らせます。

 

 これが「反射」です。

 この現象を「内臓求心性神経」が神経を使って身体(脳)に伝えています。

 


 腰痛、肩こり、アトピー、不妊症、婦人科疾患もこの神経が大きく関わっています。

 


 こう考えると

 益々 自律機能 自律神経のはたらきは大切のものだと思います。

 


 みなさん 今日も読んでいただきありがとうございます。

 

   健康づくりクラブ 快適な こころ からだ 生涯の健康

   健康づくり からだ・運動・美容・生活ケア 鍼灸マッサージ指圧整骨院 恵比寿

       アトピー、不妊症、婦人科疾患、交通事故、美容、改善運動、栄養、日常生活ケア 
       介護予防、機能回復訓練、改善運動、在宅ケア(往診)、靴のコーディネート
       整体、鍼灸、指圧マッサージ専門 03-5708-5702  
       生涯の健康セラピスト 小川克智

       

★2つ目のホームページ http://kenkou-japan.net

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「大変にわかりやすい」