ADL 日常生活動作

   健康づくりクラブ 快適な こころ からだ 生涯の健康

   健康づくり からだ・運動・美容・生活ケア 鍼灸マッサージ指圧整骨院 恵比寿

      アトピー、不妊症、婦人科疾患、交通事故、美容、改善運動、栄養、日常生活ケア 
      介護予防、機能回復訓練、改善運動、在宅ケア(往診)、靴のコーディネート
      整体、鍼灸、指圧マッサージ専門 03-5708-5702  
      生涯の健康セラピスト 小川克智

      2つ目のホームページ http://kenkou-japan.net

  

  鍼師 灸師 あん摩マッサージ指圧師 柔道整復師 整体師   

  介護予防運動指導員   身体障害者スポーツ指導員

  ホームヘルパー  障害者ヘルパー          の立場から

 

 

 みなさん

 ADL (日常生活動作)とはどんなものなのか知っていますか?

 

 ADL(日常生活動作)とは

 年齢や高齢者、障害の有無に関係なく

 

人が日々の日常生活を送るために必要とされる動作のことをいいます。

・着替え

・食事

・洗面

・移動(ベッドからトイレまでの移動することなど)

・寝起き

・排泄

などの動作(行為)のことです。

 

 介護の制度(領域)では

 

 日々の動作(行為)がひとりで出来ているのか?

 どのところまで出来ているのか?

 

など介護側の担当者が

現状の『出来る段階や出来ないこと』を調べて

今、必要とされている事に支援(補助)します。

 

 介護保険の範囲で

 ・食べる行為が困難な人には食事の補助をします。

 ・買い物がしたい人には週に1回何時から何時まで同行します。

 ・掃除をする時にかがんだり、床を拭くことことが困難な人には掃除の補助をします。

 

このような形でADL(日常生活動作)

 ・進行を防ぐこと

 ・改善をはかること

を介護の世界ではしているのです。

 

ここで小川式ダイレクト健康システムの考え方をお伝えします。

 冒頭にも記載しましたが

 

 年齢などADLに一切関係がありません。

介護者になって認定を受けて介護を支援してもらうことは

  段階的にかなり遅い段階であると考えます。

 

  何故か?

 

 もっと早い段階で自己ができる、出来ていることが重要なのです。

 

当店にもご夫婦で来店をする方がいます。

 「今日は凄く天気がいいですね!」

 ご主人に

 「洗濯はしていますか?」

 

 「洗濯をしたことがないので・・・」

このケースの方は、包丁も炊事もしていないのです。

全て奥様がやっているのです。

 

このことは小川式ダイレクト健康システムでは

 ADL(日常生活動作)に達していない人に値し

 

 ADLの各所作(動作)を身につけていない人

と判断されます。

 

このケースは介護の段階になった時点で問題が多々出てくるのです

 

ご主人ではなく奥様が脳梗塞で倒れました。

以後の生活は奥様は不自由となりますから、困難な事態です。

もっと困難なのは『家』 『家族』のすべてを見ることになったご主人です。

 

もし

当店の利用者であって

 『自分はこうなりたくない』

 『でも 今さら 言えない』

という人は

 小川に相談ください。

小川式ダイレクト健康システムは、掃除、洗濯、アイロンまで丁寧にお教えします。

 

 在宅ケア(往診)では

多いことです。

 

 爪きり、靴下の履き替え

 

中には

 犬の散歩 

 雪かき

いろいろと依頼されてきました。

 

だから

 ご安心ください。

 

健康はどこからやるべきなのか?

日々の中から

日常生活の中からです。